スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆山査子(山査(さんさ))☆で自律神経を整える。

☆山査子(山査(さんさ))☆
     
sanzasi1.jpg


バラ科落葉樹
花期:4~5月
収穫期:9~10月
五味:甘、酸
温性:微温
帰経:脾、胃、肝
効能:消食化積、祛瘀行滞(月経痛)、コレステロール降下、血圧降下、脂肪分解
漢方:啓脾湯(朮、茯苓、人参、蓮肉、山薬、山査子、陳皮、沢瀉、甘草)
    浄腑湯(柴胡、茯苓、朮、猪苓、人参、山査子、三稜、沢瀉、我朮、黄芩、甘草、黄連)
西洋的見方:ポリフェノール…免疫力UP、活性酸素消去作用
        クエン酸…食欲増進、胃腸を整える。
        ビタミンC,B2…美肌、肺機能・副腎機能を正常に保つ
        ミネラル…自律神経を整える。

日本では果物としてはあまり馴染みでないですが、中国ではポピュラーな食べ物で、屋台でりんご飴のように、さんざし飴があったりします。さんざしはすぐに腐ってしまうので、日本で生の実を買うのは困難ですが、ドライフルーツや砂糖で練ったもの(写真)であれば、比較的簡単に手に入り、そのままおやつとして食べられます。気候的には、日本でも観賞用としてよく栽培されていますが、種から育てようと思うと実がなるまでには年月がかかります。キリストが処刑されるとき、この枝の冠をかぶっていたので「聖なる木」といわれ、雷よけ、嵐よけ、魔女よけに効くといわれています。

使い方:
《料理》
・さんざしオイル…さんざし30g、しそ油300ml
①鍋に材料をいれ、弱火にかける。
②泡が立ったら、そのまま5分ほど置き火を止め、冷ましてから瓶に入れる。
③2週間ほど置いてから、肉料理などに使う。
⇒脂肪分解


・さんざしルイボス茶…ルイボス茶葉6g、さんざし、クコの実 各適量
①急須にルイボス茶をいれ熱湯300gを注ぎ、3分ほど蒸らす。
②ルイボス茶をカップに注ぎ、刻んださんざしと枸杞の実を浮かべて1分ほどしてから飲む。
⇒ルイボス茶は、活性酸素を抑える。肌荒れ、口内炎。

sanzasi2.jpg



・山査子酒…山査子500g、氷砂糖200g、ホワイトリカー1.8L をあわせて2,3ヶ月漬ける。
⇒健胃・整腸

注意点:胃酸過多には用いない。
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

薬膳BODY

Author:薬膳BODY
様々な食材を利用した美と健康の為の薬膳料理をご紹介します。
ぜひご自宅でも試してみて下さい。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleようこそ!sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。