スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆枸杞(枸杞子(くこし))☆でアンチエイジング!

☆枸杞(枸杞子(くこし)) ☆
   
kuko1.jpg


ナス科果実
花期:8~9月
収穫期:9月頃
五味:甘
温性:平
帰経:肝、腎
効能:滋補肝腎、生精血、明目 潤肺
漢方:一貫煎
    杞菊地黄丸
西洋的見方:ベタイン…消化を促進。血液を酸性からアルカリ性に変える。
        ゼアキサンチン…抗酸化作用。
        ビタミンA,B2,B6,C、リン、鉄、カルシウムなど。
  
枸杞子は不老長寿の実と言われています。枸杞子を食べて300歳まで生きた物語や、60年代に発行された台湾の『中外雑誌』に250歳でなくなったとされる四川省の李青曇が枸杞子を食べていたなど、枸杞子の長寿伝説は枚挙に暇がありません。枸杞の実は、ほんのっりと甘酸っぱい、あまり癖のない味なので、サラダやお粥、煮物などに、簡単に入れることができ、彩りもきれいです。

使い方:
《料理》
・枸杞酒…枸杞子150g、グラニュー糖150g、ホワイトリカー1.8Lを瓶に漬け込む。約三ヶ月冷暗
所で保存し熟成させる。
     ⇒疲労回復、強壮、強精

・枸杞子茶…枸杞子40g、水6カップ、蜂蜜少々
① やかんに枸杞子と水を入れ弱火で沸かす。
② ティーカップに注ぎ、好みで蜂蜜を入れる。
⇒肝機能を高める、目の疲れ、老化防止。


・枸杞とゴーヤーの炒め物…枸杞子20g、玉ねぎ1個、ゴーヤー1本、豚薄切り肉200g、醤油大さじ1、塩小さじ1/2、料理酒小さじ1、サラダ油大さじ2、片栗粉大さじ1
① ゴーヤーは縦半分に切り、種とワタを取り除き、薄くスライスして塩をまぶす。枸杞の実は洗って戻しておく。
② 豚肉は3センチに切り、醤油、酒、片栗粉を加え、よく混ぜ合わせておく。玉ねぎはくし型に切る。
③ フライパンに、油大さじ1を入れて熱し、豚肉を入れ、色が変わったら、別のさらに移す。
④ 残りの油で、玉ねぎ、ゴーヤーの順で炒め、③を戻し、枸杞の実を加えて炒める。
⇒ゴーヤーは清熱、目の充血、暑気あたり

kuko2.jpg


・枸杞子鮮菜粥…米2合、水4L、枸杞子大さじ2、長ねぎ1/2本、生姜2かけ、貝割れ大根1パック、大根菜1/2束
① お米を研いでざるに揚げ、1~2時間置く。
② 厚手の鍋に米と水を入れて強火にかけ、沸騰したら弱火にして炊き上げる(炊き上げ時間は好みで15分~1時間)
③ 枸杞子をぬるま湯につけてやわらかくする。長ネギと生姜は千切り。貝割れ大根は根元を切り離しておく。
④ 大根菜は1センチの小口切りにし、さっと湯がいておく。
⑤ 炊き上がったおかゆをどんぶりに入れ、上から、大根菜、長ねぎ、生姜、貝割れ大根、枸杞子を乗せる。
※ 上に乗せるものは、香菜、ザーサイなど何でも良い。味付けはないので、食べるときに、ごま油、ラー油、醤油、粗塩などで好みの味をつけても良い。
スポンサーサイト

テーマ : 美と健康!
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

薬膳BODY

Author:薬膳BODY
様々な食材を利用した美と健康の為の薬膳料理をご紹介します。
ぜひご自宅でも試してみて下さい。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleようこそ!sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。