スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆つばめの巣(燕窩(えんか))☆で滋養強壮!婦人科系疾患にも!

☆つばめの巣(燕窩(えんか))☆
tubame1.jpg
    


アマツバメ目アマツバメ科アナツバメの唾液で作られた巣
収穫期: 環境・観光省の大臣が、洞穴調査後、30日~60日間の期限を設定して、採集する。採集前には、ツバメの魂を鎮静する感謝の儀式が執り行われる。
薬味:甘、微鹹
温性:平
帰経:肺・胃・腎
効能:養陰潤燥(慢性気管支炎、肺気腫、咳血)、補中益気(乏力、疲労回復)滋養強壮、補血、慢性の下痢、嘔吐。強心作用。
血燕は血痢、小児痘疹。
西洋医学的見方:糖たんばく質…肺、肝臓、心臓、胃腸の働きを高める。婦人科系疾患。脂肪分は0.3%と低い。
            シアル酸糖鎖…老化防止、免疫力を高める。
EGF(表皮増殖因子)・・・細胞が生まれ変わるリズムを促進する。
水溶性燕窩…血圧下降作用(末梢血管拡張作用)
            鉄分、カルシウム、リン、カリウム、硫黄、繊維
種類:
tubame2.jpg


巣の材料は、海辺に打ち上げられた海藻などをしっかりとかみ砕き、だ液とよく混ぜ合わせて粘性の材料に変え、長い時間をかけて少しずつ巣を作る。燕がひとつの巣を作るのに、1ヵ月近くかかるという。 海草含有量が多いほど安い。透明感のある白いものが最高級とされる。春雨などで作られた偽者も多く出回っている。皇帝一族が捜し求めた幻の食材で、楊貴妃も愛用したといわれている。不老長寿の薬といわれ、体の邪気を取り除くとも言われる。『本草綱目』では上品に属し、副作用がないとされる。
使用法:
《漢方的用法》
・ 食後吐き気のある慢性病の治療…燕窩を多食して人乳を飲む。
・ 下痢の治療…燕窩 6 g、人参 1.5 g、水 2.7 g を重湯煎にのせ、とろ火でゆっくり煮て食べる。
・ 老人の痔疾と小児の胎熱の治療…燕窩 9 g 、氷砂糖 1.5 g をよく煮て数回、頓食する。
・ 老人性喘息の治療…白梨1個の芯をとり、燕窩3 g を入れ、熱湯に浸してから氷砂糖3 g を入れて十分蒸し、毎朝服用する。

《料理》
ツバメの巣の戻し方…たっぷりのぬるま湯で洗って30分置く。ゴミがあれば取り除き、更に水につけ、3時間以上置く。気温が低いときは1晩ほど。もどすと量が増えるので、戻す量に気をつける。煮るときは、沸騰させない。戻した水(水溶性燕窩)にも、栄養分が含まれるので、料理などに活用すると良い。


・ツバメの巣のプリン(6個分)…牛乳2カップ、砂糖70g、卵4個、バニラエッセンス適量、ツバメの巣適量、カラメルソース(砂糖50g、水大さじ3)
①砂糖に水大さじ2を混ぜ、電子レンジで4分半ほど加熱する。そのあと大さじ1を加え(飛び散るので注意する)、型に入れて冷やし固める。
②牛乳を電子レンジで温め砂糖を加え溶かす。
③ほぐした卵に、②を加えこす。
④③にバニラエッセンスを加え、カラメルソースが固まった型に流す。
⑤湯1カップ(分量外)を張った天板に乗せ、戻したツバメの巣を乗せ、160度で25分ほど焼く。
⇒卵は、強壮強精、滋潤作用。消化吸収が良いので、病人食、離乳食などにも良い。
tubame3.jpg




・燕窩菜湯…ツバメの巣10g、白きくらげ10g、豆苗菜適量、鶏がらスープ4カップ、紹興酒、塩、味の素 各適量。
① ツバメの巣、白きくらげは、水で戻しておく。
② 鍋に白きくらげを入れ、水8カップを入れて煮る。沸騰したら、さらに弱火で軟らかくなるまで煮詰める。
③ もどしたツバメの巣をほぐして加え、少し煮た後、約1時間蒸し器で蒸す。
④ 紹興酒、塩、味の素で味を調え、器に盛り、豆苗菜の芽を浮かべる。
⇒きくらげは美肌、強壮、浄血作用(動脈効果、高血圧、痔)
tubame4.jpg




・ ツバメの巣の玄米粥…ツバメの巣大さじ1、玄米100g、水500cc、クコの実適量。
① 水と玄米を土鍋に入れ、10分~30分浸す。
② 土鍋を火にかけ、煮立ってきたら、とろ火にして焦げ付かないように鍋底を軽く混ぜる。
③ 40分~50分炊いたら器に盛り、ツバメの巣を入れ、クコの実を飾る。
⇒玄米は虚弱体質の改善。血液浄化作用。内臓を強くする。ただし、消化が悪いので、よく噛んで食べるようにする。
クコは、美肌、眼精疲労、疲労回復。
tubame5.jpg




《その他》
・ツバメの巣は美肌効果が高いので、最近では化粧品にも使われている。

注意点:ツバメの巣は長時間加熱すると、歯ざわりが失われる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

薬膳BODY

Author:薬膳BODY
様々な食材を利用した美と健康の為の薬膳料理をご紹介します。
ぜひご自宅でも試してみて下さい。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleようこそ!sidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。